ズボラが試したひと月妊活

超がつくほどズボラな私。
そんな私が試した簡単な妊活をご紹介します!
まずは食事。
妊活中は特に体を冷やす食べ物は避けることが推奨されていますよね。
そこで簡単に食べられるのが温野菜!
特に根菜は体を温めるといいますが、「根菜じゃなきゃダメ!」というわけではないので好きな食べ物をマヨネーズやドレッシングなど、好きな食べ方で一日一食、食べましょう。
量も大量に食べる必要はありません。

妊活サプリ
「これくらいなら食べられるかな?」くらいの量で大丈夫です。
最近では百均に、レンジでチンするだけで簡単に温野菜が作れるタッパーが売っているのでオススメですよ。
次に飲み物も、苦手でなければ豆乳を試してみましょう。
これも無理に飲む必要はなく、お昼のお茶をワンパックの豆乳に置き換えるくらいで大丈夫です。
そして肝心な「仲良し日」。
排卵予定日にしなきゃいけないと思っていませんか?
妊娠の可能性があるのは排卵日だけでなく、「排卵日±2日」の計3日間なんです。
とはいえ躍起になってはご主人も負担になってしまうので、事前に二人で相談して決めましょう。
「排卵予定日が○日だから……の3日間、できそうだったらどうかな?」と、あくまで『疲れていたら無理しなくていいんだよ!』という感じで伝えてくださいね。
そうすればご主人も、もし疲れて帰ってきても「ごめんね、明日はどうかな?」と言いやすいです!
私が試した妊活はこの3つ!
その3つが終わったころにやっと届いた基礎体温計を試したところ、幸運なことに子どもを授かることができました!
しかしもちろんこれを試せば必ず妊娠できる! と断言するものではありません。
大事なのはご主人と気楽に構えることです。
ぜひこのズボラな妊活、お試しあれ!

妊活中に試したお勧めなサプリメント

妊娠したい女性にいいと言われているサプリメントはたくさんあります。
私も妊活中は、色々なサプリメントを飲んでいました。
有名なのは葉酸サプリ。
胎児が先天性の障害を持つ確率を下げてくれる働きをしてくれます。
私はずっと妊娠した女性が飲むものだとばかり思っていたのですが、着床する前から飲んでいた方がよく効くそうで、妊活中は欠かさず服用していました。
それに葉酸は子宮内膜を受精卵が育ちやすい環境に整えてくれるそうで、30代で妊活を始めた私にはピッタリでした。
あとは、マカサプリです。
マカは男性が精力をつけるためのものというイメージがあったのですが、調べてみたところ女性の体にもとてもいいという事がわかりました。
妊娠するためには体を温めるが大切なのですが、マカを飲むと血流が良くなるのです。
そして豊富な栄養素を含んだマカは、女性ホルモンのバランスを正常にする働きもします。
冷え症で生理周期が安定しなかった私ですが、マカサプリのお陰で手足の冷えがなくなり、毎月生理がくるようになりました。
他にもビタミン系のサプリメントも飲みましたが、主に効いたなと感じたのはこの二つです。
妊活生活に上手く取り入れて、かわいい赤ちゃんを迎えて下さいね。

妊活のため冷え対策を徹底しています

冷え対策のため、意識している点は体を冷やさないようにしたり、丁寧に栄養のバランスを考えた食事を食べることです。
インスタントラーメンやコンビニの弁当など以前はよく食べていましたが、赤ちゃんのことを考えて自炊をする機会を増やすようにしたり、しっかり野菜を摂るようにしたり、身体を作る基盤となる栄養素であるタンパク質を不足させないように摂るように意識しています。
麺類や丼ものなどの単品料理を食べるときも、卵などでタンパク質を補ったり、野菜を添えたりすることも以前より増えました。
余分な添加物をあまり大量に取らないようにするため、以前より加工食品を食べる頻度も減らしています。
また、妊活では冷え対策を頑張ることも大事です。
冷えは女性にとって万病の元ですが、妊活においても大敵です。
体温が低いと子宮の働きも悪くなりやすいですし、普段から身体を温める作用がある生姜をよく料理へと摂り入れるようにしたり、生姜甘酒や生姜紅茶を普段からよく飲むようにしています。
冷えを改善するためには、生姜を取ったり身体を温める作用がある物を食べるのも良いですが、体を冷やさないことを常に意識するのも大事です。
氷が入っている冷たい飲み物はあまり飲まないようにしたり、とにかくお腹を冷やしてしまうような服は避けるようにしたり、自宅では冷房は緩めの温度で設定するようにしたり、身体を冷やさないように注意しています。

私達夫婦の妊活体験談。

私は結婚して4年半の30歳の主婦です。私達は結婚当初は「いつか子供が出来たらいいね〜」といった考えでしたので、結婚してからも2人の生活を楽しんで いました。毎日楽しく過ごしていましたので、2人の生活に何の不満もありませんでした。そんな私達が妊活を意識し始めたのは、今から2年8ヶ月前です。

私 達が行なった妊活方法は「2人の気持ちが一緒の時に、仲良し(避妊具なしの性交)をする。」というものでした。ですので、お互いに自分一人だけの気持ちを 押し通すというような事はなかったです。そして、私は妊活をしていることによって、旦那さんにプレッシャーをかけたくありませんでしたし、重荷に感じてほ しくない!という気持ちが強かったですので、まずは第一に旦那さんの事を考えていました。気持ちの面や、体調面を1番に考えていました。私も旦那さんも私 の大体の排卵日は把握していましたので、今思えば、排卵日付近は自然と仲良しの回数が多かったと思います。

このように、無理なく2人のペースで妊活をして いたところ、妊娠していることが分かり、私は現在臨月を迎える事ができ、予定日間近になりました。妊活を通して改めて妊娠すること、順調に育つことは、決 して当たり前の事ではなく、全てが奇跡なんだなと実感しました。この奇跡と、いつも支えてくるた旦那さんに感謝の気持ちを忘れずに、これからも生活してい きたいです。