ズボラが試したひと月妊活

超がつくほどズボラな私。
そんな私が試した簡単な妊活をご紹介します!
まずは食事。
妊活中は特に体を冷やす食べ物は避けることが推奨されていますよね。
そこで簡単に食べられるのが温野菜!
特に根菜は体を温めるといいますが、「根菜じゃなきゃダメ!」というわけではないので好きな食べ物をマヨネーズやドレッシングなど、好きな食べ方で一日一食、食べましょう。
量も大量に食べる必要はありません。

妊活サプリ
「これくらいなら食べられるかな?」くらいの量で大丈夫です。
最近では百均に、レンジでチンするだけで簡単に温野菜が作れるタッパーが売っているのでオススメですよ。
次に飲み物も、苦手でなければ豆乳を試してみましょう。
これも無理に飲む必要はなく、お昼のお茶をワンパックの豆乳に置き換えるくらいで大丈夫です。
そして肝心な「仲良し日」。
排卵予定日にしなきゃいけないと思っていませんか?
妊娠の可能性があるのは排卵日だけでなく、「排卵日±2日」の計3日間なんです。
とはいえ躍起になってはご主人も負担になってしまうので、事前に二人で相談して決めましょう。
「排卵予定日が○日だから……の3日間、できそうだったらどうかな?」と、あくまで『疲れていたら無理しなくていいんだよ!』という感じで伝えてくださいね。
そうすればご主人も、もし疲れて帰ってきても「ごめんね、明日はどうかな?」と言いやすいです!
私が試した妊活はこの3つ!
その3つが終わったころにやっと届いた基礎体温計を試したところ、幸運なことに子どもを授かることができました!
しかしもちろんこれを試せば必ず妊娠できる! と断言するものではありません。
大事なのはご主人と気楽に構えることです。
ぜひこのズボラな妊活、お試しあれ!

まかせるという妊活

私は現在30代半ばです。結婚は早く、22歳の時でした。
今日は私の妊活について振り返ってみようと思います。

私は幼い頃から元々結婚願望も出産願望もなく生きてきました。
そ の為、生理不順であることも全く意に介さない10代を過ごしていました。私は全く気にしていなかったのですが、母親に『最近生理用ショーツが洗濯物に出さ れていない』と指摘され、『半年程きていないかも』と告げたら、すごい剣幕で怒られ、翌日には婦人科に連れて行かれたことがあります。
その時は何か薬を処方され、飲んで生理を定期的におこさせる治療をしました。それが高校生の頃です。
治療の後、毎月とまではいかないまでも1ヶ月半ごと位に生理がくるようになり、2ヶ月以上あくようなら受診するという治療を大学卒業まで続けましたが、その時も私はあくまで出産願望の為ではなく『親の為』に病院に通っていました。

その後、自身の家庭の事情で大学卒業後すぐ結婚しました。
結婚しても強い出産願望はなかったのですが、周りからのプレッシャーや助言により、次第に子どもを持たない事は悪のように感じるようになりました。
そして夫も、口には出しませんでしたが、子どもを望んでいるように見受けられました。
私は付き合う前に、『結婚も出産もしたくない』と伝えましたがそれでも良いからと付き合い始めた私達。それを覆し、自分の家庭の事情で結婚してもらった手前、主人の希望にも沿わなければと少しずつ気持ちが変化してきていました。

そこで、生理不順でもあった私は一度婦人科に行きます。25歳くらいのことでした。結婚を機に地方から都会に引っ越したので、それまで通っていた病院とは別です。
そこではまず、基礎体温表をつけるよう指示されました。何ヶ月分かたまった頃、再び受診。そして先生に言われた事は、生理がきていても排卵がある時とない時が存在しているようだということでした。
産めないのではなく産まない、と思っていた私にはショックでした。欲しくなればその時産めば良いと思っていたからです。
そして先生から、排卵誘発剤を飲むことを勧められました。最初は毎回きちんと排卵を促す事が目的でしたが、それが軌道にのってくると、次第に子どもを強く望むようになりました。
先生から性行為に適した日を教わり、いわゆるタイミング療法を始めました。
最初は協力的だった夫ですが、ある日突然怒ってしまいました。なんで人から指示されてまで管理されてまでやらなければならないのだ、そこまでして子どもを持つ意味はない、もう病院に行かなくて良い、と。
それから夫婦の仲がギクシャクしてしまい、結局治療はやめました。

正直なところ、通院をやめた後の方が私達夫婦の関係は良好です。主人のストレスも解消されたのでしょう。
通院をやめて10年、私達のところに子どもはやってきてはいません。子どもは、出来ても出来なくても構いません。

あのまま妊活を続けていても、夫婦の仲はぎこちなく、穏やかに子どもを受け入れられる関係ではなかったように思います。

妊活を通して夫婦の絆を再確認できた気がしています。
今は、自然の流れに任せる。積極的妊活とは言えないかもしれませんが、今の状態こそが子どもをむかえいれる準備をしている、究極の妊活なのかもしれません。

男性不妊にはこれが効果的?クチコミでも高評価!

過去に、子どもが欲しくてクリニックに通った経験を持ちます。30代に入って、子どもができなかったので焦り、いいと言われる方法を数々試しました。その中で男性不妊に効果があると言われたのが「マカ」。漢方薬の一種です。
私たち夫婦は、原因不明の不妊でした。ストレスや体質、環境もあるので、妊娠しづらい理由はわかりやすいものではないことがあります。何を対策していいのかわからず、漢方薬や鍼治療、女性ホルモン値をあげると言われる食べ物、飲み物を試したりしてもいました。
男 性不妊の「確率は低い」と言われたものの、いいことは積極的に、と、マカを飲みました。精子をうまく作れない時、運動率がよくない時など、あらゆる原因に 効く万能薬です。ただ、漢方薬なので苦味もあり飲みにくいとか。人によっては吐き気があるそうでしたが、私達夫婦の場合は大丈夫でした。亜鉛、ビタミンE を配合しているので、健康にはいい物質のよう。漢方での調剤薬局で処方してもらいましたが、よく調べると有名サプリメーカーからも発売されているので、手 軽に試したいのならそちらもおすすめです。
結果、マカで妊娠できたわけではありませんでしたが、友人で子供が欲しかった夫婦はマカを飲んでいて効果があったように思う人もいたので、男性不妊ならマカ、は定説なのかもしれませんよ。

タイミング

私の職業は助産師です。助産師なので、自分の月経周期、月経持続期間など基礎体温をつけて自分の身体が正常な基礎体温なのか調べ、子宮や卵巣の状態は病院 にかかり先生にエコーでみてもらい、異常がないかどうかを調べてもらい自分が妊娠しやすいのかなどを把握していました。

基礎体温や子宮や卵巣に問題はな く、あとは素敵な相手をまつのみでした。そんな時に出会ったのが今の主人。主人以上の人はいないと思い、結婚を決意、そして結婚しました。こどもがはやく ほしいという主人はいつでも中で射精すれば子どもができると思っており、意外に妊娠する過程を知らない人が多いのだと思いました。そこで、主人に妊娠しや すい時期を伝授しました。いわゆるタイミングですね。タイミングの時期を教えたら、それからというもの、百発百中…。

妊娠しやすい時期に避妊をせず、性交 渉を行ったら、その度に子どもを授かることができました。主人と私の相性もよかったのだとは思いますが、タイミングはとても大事ですね。そして、自分の基 礎体温が正常なのか、子宮や卵巣機能はどうなのか把握することも大切ですね。もし異常があったら治療を行うこともできるしですね。おかげさまで今では子供 たちに囲まれ楽しく幸せな生活を送っています。